• カードご利用OK
  • 企業様請求書払い可
メールで相談
お電話でのお問い合わせは0120-610-413まで。受付時間7:00~24:00。365日年中無休。

雨漏り修理専門家が語る 屋根葺き替えはこんな工事!費用や工期、メリットデメリットを解説

公開日2019/04/24更新日2019/04/24
街の風景

「屋根の張り替え?葺き替え?どれくらいの費用がかかるんだろう?」
「そもそも葺き替え工事ってどんなことをするんだろう?」
「うちの屋根だけなんだか古くさい気が…」

こんにちは!
みんなの雨漏り修理屋さんの松坂です。

仕事をがんばって手に入れた我が家。
そんな我が家の屋根が、他の家よりも古くさい感じがしたら気になってしまいますよね…

屋根をピカピカにするためにも葺き替えを考えていると思うのですが、葺き替えなんて人生でそうそう経験することではありません。

どんな工事なのか、どれくらいの費用がかかるのか、どれくらいの工期なのか…。きっと分からないことだらけのはずです。

そんな悩みをお持ちの方のために、この記事ではわたくし松坂が、

  • 葺き替え工事の工期や費用の目安
  • 工事の内容
  • メリットやデメリット

を紹介していきたいと思います。

そのほか、葺き替え工事が必要かどうかの判断ポイントや、いい業者の選び方も紹介していきます。

屋根のお悩み、私といっしょに解決していきましょう!

葺き替え工事ってどんな工事?

屋根上で作業する職人

ここでは葺き替え工事について、

に分けて紹介していきます。
そのほか、葺き替え工事が必要かどうかを判断できる『葺き替え工事の必要性チェックリスト』を用意したので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【工事内容と工期】葺き替え工事は『新しい屋根材』を設置する工事!工期は1〜2週間

葺き替え工事はわかりやすく言うと『今ある屋根を解体して、新しい屋根材を設置する工事』です。

工期の目安は1週間〜2週間ほどで、下記の8つのステップで進みます。

  1. 足場の組み立て
  2. 急屋根材の撤去
  3. 下地の状況確認、修繕
  4. 野地板の設置
  5. 防水シート設置
  6. 新屋根材の設置
  7. 板金処理
  8. 手直し、足場解体、掃除

それぞれ、くわしく解説していきましょう。

①足場の組み立て(半日〜1日)

屋根の上は2m以上の高所作業になることが多く、基本的には足場が必要になります。

家の周りをぐるっと覆うように組むため、大きな家になるほど時間がかかります。

②既存の屋根材の撤去(1日)

今付いている屋根材を取り外し、撤去していきます。

古い瓦屋根の場合には、瓦の下に『葺土(ふきど)』という固定用の土があることもあります。
そちらもここで撤去していきます。

③下地の状況確認、修繕(1日)

屋根材を全て取り外し、下地の状態を確認します。
必要であれば補強、修繕を行います。

④野地板の設置(1日)

下地の上に、野地板を重ねて貼り付けていきます。重ねて貼ることで屋根の強度が高まります。

野地板とは、屋根材を支えるための板のことを言います。
9mm〜12mmくらいの厚みのことが多いです。

⑤防水シート設置(1日)

防水シートを野地板に貼り付けていきます。こちらのシートを貼ることで、雨に強い屋根になります。

⑥新屋根材の設置(1日〜2日)

新しい屋根材を貼り付けていきます。屋根材にもよりますが、1〜2日ほどで設置が完了します。

⑦板金処理(半日)

雨水が入らないよう、棟部分に板金加工を行います。

⑧手直し、足場解体、掃除(半日〜1日)

最後に点検し、手直しや掃除を行なって完了となります。

作業される業者や人数によっても工期は変わります。だいたい1〜2週間くらいかかる、と思っておきましょう。

【費用の目安】葺き替え費用は30坪で95万円〜240万円が目安

費用の目安

こちらでは費用の目安を解説していきます。
地域や業者によっても異なるので、あくまでも目安として考えてもらえればと思います。

平均的な家のサイズである30坪(99㎡)の施工と仮定すると、工事費は95万円〜240万円が相場です。

既存の屋根がアスベストを含む屋根材だと、処理費としてさらに200万円ほどかかることになります…。

正直なところ、金額を見てびっくりされた方も多いと思います。
何の作業にどれくらいかかるのか、詳しく紹介していきます。

何にどれくらいかかるの?

葺き替え工事をすると、下の表のような費用が施工する面積分、かかってきます。

施工する面積分

これらを30坪分の99㎡で計算すると、先に紹介した95万円〜242万円となるわけです。あくまでも目安の金額にはなりますが、みなさんもぜひ計算してみてください。

決して安くはない葺き替え工事。施工するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

次の章で詳しく解説していきます。

【メリットとデメリット】葺き替え工事すると何がいいの?メリットデメリットを解説

考える人

ここでは葺き替え工事をすると何がいいのか、そのメリットや、工事をするときのデメリットについて解説していきます。

葺き替え工事の3つのメリット
①下地の補修点検もできる

屋根材を全て取り外すので、下地材を目視で確認できます。補修の必要な場所がわかりやすく、作業もしやすいのできちんと補修できます。

②自然災害の危険を防げる

下地が補修されて屋根材が新しくなるので、寿命が長くなり、強風や大雨などに強くなります。

③耐震性の向上

今よりも軽い屋根材にすることで家の重心が下がり、耐震性を向上させることができます。
基礎部分や柱に負担がかりにくく、地震に強い家になります。

屋根や家の寿命を伸ばし、地震に強い家になるところが最大のメリットと言えそうです。
今後もずっと住み続けたい、子供や孫の世代までこの家を残したい!という方にはピッタリな工法だと思います。

葺き替え工事の2つのデメリット
①高額の費用がかかる

施工面積が広くなるので施工費がかかるほか、既存の屋根材の処分費もかかるためどうしても高額になってしまいます。
アスベストが含まれている屋根材(2000年以前のスレート材)だと、別途アスベスト処分料がかかり、さらに高額になってしまいます。

②工期が長い

先にも紹介したように工事には1〜2週間かかるため、その間は生活にも影響が出ます。

やはりその高額な費用がデメリットと言えそうです…。
工期が長いため生活に影響が出るのも頭に入れておいたほうがよさそうです。

あなたのおうちはどうですか?葺き替え工事の必要性チェックリスト

チェックする様子

さて、ここまで葺き替え工事について紹介してきましたが、

「本当に葺き替えが必要なのだろうか…」

と迷われている方も多いと思います。
そんなあなたのために、葺き替えが必要かを判断できるチェックリストを用意しました。

リストに3個以上のチェックがついたら、葺き替え工事が必要である可能性が高いです。ぜひ参考にしてみてください。

チェックの前に一点だけ!
もしもおうちの屋根が

・風が強い日に屋根から変な音がする
・雨が降ると、家の至る所から雨漏りしている

というような状態だと、放っておけぼおくほど被害が大きくなってしまう可能性があります。
その時はお早めに、みんなの雨漏り修理屋さんまでご相談ください。無料で調査におうかがいします!

葺き替え掃除の必要性のチャックリスト

いかがでしたか?
もし葺き替えが必要そうなら、まずは業者に見積もりをとるところから始めてみましょう。

みんなの雨漏り修理屋さんでも葺き替えの依頼を受け付けています。ぜひお気軽にお電話ください

逆に「うちは大丈夫そうかも…?」という方は、葺き替え工事以外でも対応できる可能性があります。このあと紹介する工事もぜひチェックしてみてください。

他にもあります!葺き替え以外の屋根修繕工事

屋根修繕工事

さて、ここでは葺き替え以外の屋根の修繕方法を紹介していきたいと思います。

最終的にはプロに状態を見てもらい、判断することが一番だとは思いますが、色々な工法があるということを知っておくことで業者との相談もしやすくなります。ぜひチェックしてみてくださいね。

費用を抑えて工期も短い!カバー工法

カバー工法はどんな工事?

既存の屋根を解体せずに、『上から新しい屋根をかぶせる工事』のこと言います。名前通り、屋根をカバーする工法です。

工期は4日〜1週間ほどが目安になっています。

費用は30坪で70万円〜90万円前後が目安となっており、葺き替えに比べて比較的安く屋根を新しくすることができます。

カバー工法のメリット、デメリット
メリット
  • 葺き替えに比べて安い。
  • 廃材が出ないため、撤去や処分の費用がかからない
  • 既存の屋根の撤去、下地の補修をしないので仕上がりが早くなります
  • 屋根が二重になるので、遮音性、断熱性、防水性が向上します。
デメリット
  • 下地の状態を確認できないので、トラブルがあっても気づきにくい
  • 軽い屋根材を選ばないと、屋根重量が重くなり、耐震性が低下する。
  • 瓦の屋根や、劣化の激しい屋根は施工できない

下地材のチェックが必要ですが、リフォームの費用を抑えたい、工期を短くしたい方にオススメの工事です。

廃材が出ないので、「アスベストの入ったスレート屋根を低コストでリフォームしたい」という方にもオススメできます。

色褪せ退色なら!再塗装

塗装する職人
塗装はどんな工事?

『色褪せた屋根材を塗装する』ことで見た目を良くし、耐久性を高める工事です。

工期は1週間〜2週間ほどが目安。
「塗装なら早く終わりそう!」というイメージがありますが、屋根材の清掃に始まり、何度か重ね塗りするのでこれくらいの工期がかかります。

費用は塗装する屋根材や塗料によっても異なりますが、

  • ガルバリウム :25万円〜30万円
  • スレート:30万円〜40万円

が相場となっています。

塗装工事のメリット、デメリット
メリット
  • 既存の屋根を活かすので費用を抑えられる
  • 塗装が紫外線や風雨から屋根材を守り、屋根の寿命がのびる
  • ひび割れなどを事前に防ぐことができる
デメリット
  • 時間が経つと色褪せるので、また塗装が必要になる
  • 工期が意外と長く、天気が悪いとさらに延びる可能性がある。

屋根材の状態確認は必要ですが、色褪せが気になる場合にオススメです。既存の屋根材を活かした工事ですが、新品のような仕上がりになります!

小規模な雨漏りなら!雨漏り部分修理

まま森を直す職人
部分修理はどんな工法?

屋根全体ではなく、『雨漏りしている部分だけピンポイントで修理』する工事です。

屋根全体ではなくピンポイントで修理するので、工期は最短で当日中、費用も24,000円〜100,000円と、早く、安く修繕することが可能です。

部分修理のメリット、デメリット
メリット
  • 雨漏りしている部分だけを修繕するので費用が大幅に抑えられる
  • 工期が短い
デメリット
  • 屋根の劣化が激しい場合は、その場しのぎにしかならない

雨漏りしているのが1〜2カ所で、とにかく費用を抑えたい!すぐになんとかしてほしい!という方にオススメの工事です。

ちなみにですが、私たちみんなの雨漏り修理屋さんでも雨漏りの部分修理も承っています。
無料の雨漏り診断も行なっているので、まずはお気軽にご相談いただければと思います!

ライフプランをふまえて、プロに相談してみましょう

プロ

屋根の修理には専門的な知識が必要です。自分で判断せず、まずはプロに状況をみてもらい、相談し、判断しましょう。

プロに相談するときは、

・この先、何年この家に住みたいか?
・家にどのくらいのお金と時間をかけられるか?

など、ライフプランを踏まえた上で相談するとよいですよ。

業者の中には修理プランを屋根の状態だけで判断するところもあるようですが、家は生活と深く結びついているもの。屋根の状態に加えて、ライフプランも加味して考えられるべきです。

やみくもに葺き替えや塗り替えをおすすめしたりせずに、あなたに合ったベストな提案をしてくれるのが”いい業者”と言えます。

でもここで困ってしまうのが

「いい業者はどうやって選べばいいのだろう?」

というところ。
決して安い買い物ではないリフォームです。騙されたりせず、しっかりとした業者にお願いしたいところですよね。

お客様から悪徳業者の話を聞くこともありますし、国民生活センターにもリフォーム関連の相談が絶えないようです…。

増加する住宅リフォーム工事のトラブル-トラブルは悪質な訪販リフォームだけじゃない!- 独立行政法人国民生活センター

いい業者の選び方については、私、松坂の書いたこちらの記事をぜひ参考にしていただければと思います。

▶︎雨漏り修理はコレで解決!失敗しないポイントをプロが徹底解説します ー 失敗しない!雨漏り修理業者の選び方と注意ポイント

こちらで紹介しているのは雨漏り修理業者の選び方ではありますが、参考になるところは多いと思います!

こちらの記事と合わせて、ぜひ読んでみてくださいね。

まとめ

葺き替え工事の内容や工期、費用をはじめ、それ以外の屋根のリフォーム方法についても紹介してきました。

葺き替え工事について、少しおさらいしておきましょう。

  • 葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材を設置する工事
  • 工期の目安は1〜2週間
  • 費用の目安は、30坪の施工で95〜240万円
  • 屋根の寿命が延び、地震に強い屋根になるが、費用が高く、工期が長い

でしたね。

葺き替え工事の他にも、

  • カバー工法
  • 再塗装
  • 部分修理

と、屋根の修繕工事には色々あるのでぜひ覚えておきましょう。
いずれにせよ、専門的な知識を持ったプロの業者に判断してもらうのがよろしいかと思います。

先に紹介した通り、雨漏りが原因でリフォームを考えていらっしゃる方は、部分修理で対応できる場合もあります。

無料の雨漏り診断も行なっているので、一度みんなの雨漏り修理屋さんの無料相談に、電話してみるのもいいかもしれません。
あなたのライフプランを加味した上で、一番よいご提案をさせていただきます。

あなたの屋根の悩みが、1日も早く解決することを祈っています!

雨漏り / 雨どいの修理、防水工事などお気軽にどうぞ お見積・ご相談は無料!無料調査も当日OK! 放置しておくと大変なことになります。

メール相談は無料です。24時間以内にお返事いたします。詳しくはこちらからどうぞ。

雨漏りは早めの
修理がお得
です!

傷んだ家

雨漏りが続くごとに、屋根裏に水がたまったり、クロスが濡れてカビてきたり…。

雨漏りをそのままにしておくとドンドン悪化し、修理するときも更にお金がかかります。

家の価値の対価

家の資産価値も下がります。
一度雨漏りをしたら、早めに対策をしてくださいね!

メニュー

雨漏り対策の知識

よくある質問

当サイトについて