• カードご利用OK
  • 企業様請求書払い可
メールで相談
お電話でのお問い合わせは0120-610-413まで。受付時間7:00~24:00。365日年中無休。

雨漏り修理専門家が語る 外壁修理の相場を【徹底比較】外壁のヒビはこうして直す

公開日2019/01/28更新日2019/01/28
古い家

「いつの間にか外壁にヒビが入ってる!これってどうしたらいいの?」
外壁修理はかなりお金がかかるって聞いたけど…」

大切な家の外壁にヒビや傷みを見つけると、対処しないといけないのでは…と不安になりますよね。

外壁のお悩みを持ち、このページにたどり着いたあなた。
ご安心ください!
屋根修理のプロ、わたくし松坂が外壁の修理について徹底解説いたします。

外壁のヒビは、雨漏りの原因のひとつ。
気づきにくい分、雨漏りが悪化しやすく修理費が高額になることもあります。

まずは現在の外壁の状態から、危険度を確認していきましょう。

あなたの家はどんな状態?こんな外壁は要注意

外壁の修理はお金がかかると思われがちなので、なかなか決断できないもの。
ヒビが入っていたり、塗装が剥がれているときの決断ポイントをお伝えしていきます。

外壁のヒビ

外壁のヒビ

モルタルなどの壁でよく見られます。
外壁のヒビは、その幅によっておおよその深さを知ることができるんです。

幅1mm以下のヒビ
幅1mm以下のヒビ

よく見ないと気づかないようなヒビなら「ヘアークラック」と呼ばれるヒビ。
「ヘアー = 髪の毛」の意味があり、0.3mm以下のヒビをそう呼んでいます。
この程度のヒビであれば、様子見でOK。
幅に変化がないか、気をつけて見ていてください。

それ以上のヒビ
大きなヒビ

中までヒビ割れしていたり、内部が破損している可能性も。
そうなると外壁が原因で、雨漏りしてしまうかもしれません。

水の通り道ができると、家はどんどん劣化してしまいます。
みんなの雨漏り修理屋さんなどの雨漏り修理業者へ連絡し、早めの対策を。

コーキング/シーリングのヒビ

コーキング/シーリングのヒビ

コーキングに亀裂や、パックリとした隙間を見つけたら修理が必要。
すきまから水がしみ込み、雨漏りの原因になる可能性があります。

すきまを埋めるなど、雨水が染み込まないように補修をしましょう。

塗装の劣化

塗装の劣化

塗装の一部が、気泡をふくんだようにふくらんでいたり、カサカサと剥がれていたら要注意
表面の塗膜(とまく)が劣化し、中が腐食しているかも…。
すぐに雨漏りなどの被害にはつながりにくいですが、外壁塗装などメンテナンスをした方が外壁を長持ちさせることができます。

白い粉がつく「チョーキング」

チョーキング

壁によりかかって服に白い粉がついてしまった経験はありませんか?
これはチョーキングといって、外壁の劣化によって外側がけずれているからなんです。
外壁にひび割れがないか、チェックしてみましょう。

もし、外壁にヒビが入っていたら【外壁のヒビ】をチェックしてみてくださいね。

外壁のサビ・色褪せ

色あせた外壁

ガルバリウムなど鋼板の外壁をつかっている場合によく起こります。

外壁のサビ

サビから穴があき雨漏りにつながることも少なくありません。
サビ取りをしたのち、塗装をしなおす必要があります。
被害が広がる前に、早めに対処しましょう。

外壁の色褪せ

すぐに穴があくわけではありませんが、表面のコーティングが劣化している証拠。
サビの前兆ともいえるので、塗装などのメンテナンスで予防します。

カビ・コケ

カビのはえた壁

湿度が高い証拠で、材質によっては腐食しているかも。
水の通ったあとがある場合は、特に注意が必要。
外壁のコケや汚れを落とし、ヒビがないか確認した方がいいでしょう。

外壁の掃除には、高圧洗浄機が便利です。

ただし鋼板の外壁や、重ねぶきしている外壁を水で洗浄すると、水の通り道ができて雨漏りすることがあります。
水は上から下へ当てるよう、注意して洗浄しましょう。

洗浄後、ヒビをチェック!
ヒビを見つけたら【外壁のヒビ】を参考に対処していきましょう。

穴があいている

穴の空いた壁

すぐにでも修理が必要です。
外壁は風雨にさらされる場所。

少しの穴からどんどん壊れていき、結果的に大掛かりな修理になることもあります。
シロアリやねずみなどの住処になってしまうこともあるので、早めに対策をしましょう。

業者に依頼か、自分で修理するかの判断ポイント

ポイントは、水が染み込む可能性があるかどうかです。

雨漏りの可能性がある破損であれば、中の梁(はり)などの木材が腐食していたり、柱に問題が出ている可能性があります。
こうなると素人の目では、どこまで傷んでいるか分かりません。

自分でできる修理は基本、「傷や穴を埋める」こと。
もし水か染み込む可能性がある状態で、自分で修理してしまうと、大元の原因を見逃してしまうかもしれません。
「腐った食べ物にフタをして、また片付ける」ことと同じです。

  • 水が流れたあとがある
  • ヒビがあちこちにある

こうした場合は外壁修理の業者を探して、見積もりを取りましょう。

徹底調査!外壁修理費用の相場を比較

見積もりが出たあとに「この値段は本当に妥当なの!?」
と、気になるのはごもっともです。
同業者としてはとても悲しいことですが、外壁のリフォームに関する相談は数多くよせられています。
※参照:国民生活センター

そこで、外壁修理の相場を実際に調べてみました!

【業者を調査!】外壁修理の費用一覧

ヒビ
部分修理
塗装 リフォーム
全体修理
A社 1〜50万円 40〜100万円 60〜300万円
B社 3〜5万円 60〜100万円 130〜200万円
C社 1〜10万円 80〜150万円 150〜200万円
D社 別途問合せ 80〜121万円 80〜121万円
E社 3千円 29万円〜 -
F社 - 40〜150万円 -
G社 - 4千円 -

※2019/1 自社調べ

料金はピンからキリまで。
修理内容によっても大幅に違うことがわかります。
またこうして表で見ると、ある傾向が見えてきました。

調査から見えた!優良業者の選びかた

特徴1:全体修理ができる業者は部分修理もできる事が多い

これは「構造を知っている職人がいるかどうか」ということにつながっていると思います。
構造を知っていれば、原因を突き止めしっかり修理することも可能ですよね。
外壁やコーキングのヒビのような部分修理ができる業者は、全体修理もできることが多いので、より広い選択肢のなかから、あなたにとって最適な案を提案してくれる可能性があります。

特徴2:塗装業者はあくまで「塗装」

家全体の修理を幅広くおこなっている業者もいますが、塗装業者は塗装が得意なのは言うまでもなく事実です。
調べた業者さんの中にも
「塗装はできるけど、修理はできない」
「外壁や屋根の修理は外注に出す」
という業者さんもいらっしゃいました。

こうして「できない事はできない」と正直に話してくださる業者さんは、信頼ができますよね。
もしあなたが雨漏り修理のための業者を探しているのであれば、修理をメインとしている業者を選びましょう。

特徴3:あなたの質問に納得できる答えが返ってきたか?

業者に電話して一番最初に言われるのは「現場を見てみないと分からない」ということ。
これは本当だと思います。
不確かな情報をお話しして、話がこじれてしまうのはお互いに避けたいですよね。

ではどんな質問をしたら業者を見極められるのでしょう?
いくつか例をあげてみます。

  • 折り返しの電話はどのぐらいでかかってくるか?

作業員から折り返しの電話がかかってくるのを待つように言われたら、どのぐらい待てば良いのか聞いてみましょう。
「すぐかけます!」と言いきってしまう業者は、ちょっと注意が必要かも。

作業員が作業中であれば、即電話をすることは難しいです。
作業中に電話をかける作業員が、自分の家の修理をしている姿を想像してみてください。
「この人、本当にきちんと修理してくれているのよね?」とちょっと不安になるますよね。

「作業中だと折り返しまでお時間頂くこともあります」と素直に話してくれる業者の方が信用できます。

  • 全体修理の費用はどのぐらいかかるか?

目安として金額を知っておきたいと思うのは当然のこと。
「目安で構わないし、平均で構わないので、全体修理だとどのぐらいかかるものですか?」
と質問してみましょう。

この質問で、全体修理をしているかどうかも判断がつきますよね。
おおよその費用すら答えが返ってこない場合、知識がない人が電話に出ている可能性も。
そうなると作業員と話が食い違うケースもあるので、見積もりが出たら慎重に見極めてください。

  • 費用の中に足場代は含まれているか?

修理費用が安い!と思っても、足場代は別料金という業者も多くあります。
「作業代は安かったけど、足場代込みの業者の方が結果的に安かった…」
と、結果的にソンをしてしまうことも。

足場代が別かどうかを確認した上、見積もりがきたら内訳が明示されているかどうかもチェック
細かい話を明確にしているかどうかで、業者のまじめさをはかりましょう。

一括見積りサイトで注意してほしいこと

大切なのは「業者や作業員の方とたくさんお話しをして、自分も知識をつけていく」ということ。
その点でいうと、一括見積りサイトは注意が必要です。

一括見積りサイトは確かに便利に感じますが、先方から営業の電話がたくさんかかってくる状況になります。
「A社が●円なら、うちは20万円値引きしますよ!」
なんて話が飛び交い、何が正しい値段なのか分からなくなることも。

あなた自身が冷静に見きわめる時間を確保するためにも、自分でしらべ、1店舗ずつ電話をすることをオススメします。

外壁を直すための修理方法3つ

方法は3つ

悪徳業者からの提案にダマされないようにするには、依頼する側にも知識があった方がいいです。
修理や塗装についての知識があれば、疑問に思ったことを質問することができますよね。

そうすれば
「そんな事聞いてなかった!だったら頼まなかったのに!」
という食い違いも防げます。

外壁修理にはどんなものがあるのか、さっそくみていきましょう。

方法1:少しの傷みやメンテナンス【外壁塗装】

外壁の材質にもよりますが、塗装の傷みが目立ってくる10年を目安に行うと外壁が長持ちします。
メンテナンスを行うことにより、細かい破損や家の変化にも気付きやすくなるんです。

外壁塗装を自分でやる
  1. 道具をそろえる
    外壁を掃除するための道具、塗料、ハケ(ローラー)が必須です
  2. 壁を洗浄する
    汚れが残っていると塗料がはがれてきてしまいます。
    まずは、高圧洗浄機などを使って全体の汚れを落とします。
    そのあとブラシを使って細かな汚れを落としていきましょう。
  3. ドアや窓を養生する
    塗料が着いてしまったら困る場所を、ビニールなどで養生します。
    マスカーと呼ばれる、水に強いテープとビニールが一体になっているグッズがオススメです。
  4. 塗装する
    外壁塗装は最低でも3回の重ね塗りが必要です。
    ・1回目:「下塗り」と言います。塗料をのりやすくするための下地を作ります。
    ・2回目:「中塗り」と言って、実際に使う塗料を使います。
    ・3回目:中塗りと同じ塗料を使い、重ね塗りをします。これを「上塗り」と言います。

それぞれの工程で必ず乾燥させる時間が必要です。
通常は中1日ほどですが、使用する塗料や天候をみながら調整しましょう。

外壁塗装を業者に頼む

外壁塗装を自分でやるには、時間がかかります。
2階建ての家などハシゴではとどかない高さの場合、足場を組む必要も。
自分でやるより費用はかかりますが、プロに頼む安心感にはかないません。

外壁塗装はメンテナンスをかねていますので、細かいヒビの修繕など部分修理も可能な業者を探しましょう。
みんなの雨漏り修理屋さんなど、調査無料の業者をえらべば安心ですね。

方法2:ヒビや一部を直すだけの【部分修理】

家自体に問題がなければ、部分修理でも修理が可能です。
雨漏りの修理などは、早めに依頼すれば部分修理で格段に安くすむケースが多くあります。

まずは【外壁の状態】で、あなたの家の状態を確認。
外壁の部分修理を快く受けてくれる業者を、探しましょう。

外壁のヒビは自分で直せるか?
コーキングしたサッシ

絶対に無理ではありませんが、業者に頼んだ方が無難だと思っています。
ヒビを埋めてすむ修理だけではありませんので【あなたの家はどんな状態?】で、状態をチェックして判断した方がいいでしょう。

方法3:長く住み続けるために【全体修理】

外壁は屋根と同じように雨や風を受けています。

  • メンテナンス、塗装をせずに20年経っている
  • 雨漏りしているが原因がどこか分からない

こう行った場合、外壁が大きく傷んでいる可能性があります。
全体修理を視野にいれつつみんなの雨漏り修理屋さんのような、相談無料の業者に状況を見にきてもらいましょう。

外壁修理のよくある質問

家の外壁

ここでは外壁についてのよくあるお悩みに回答していきます。
誰に相談したらいいか迷ったら、参考にしてみてくださいね。

Q,屋根修理も一緒にやると安いって本当?

業者にもよると思いますが、本当です。
安さの主な理由は「足場代」。
通常足場代は10〜30万円程度ですが、外壁修理と屋根修理を同時にやれば、足場代は1回分で済みます。

Q,外壁修理のとき、ご近所に挨拶にいくべき?

伺った方がよいと思います。
塗料を使う場合、臭いに悩まされたり、車に塗装が飛んでしまうことも。
不快な思いをさせてしまって、あとから気まずくならないように周囲への配慮は必要です。

  • どのぐらい前に行く?:工事日の1〜2週間前が目安
  • 菓子折りは必要?:高価なものでなくとも持参した方が心象がよいでしょう
  • 隣人が家にいない:手紙を書いてお知らせすると丁寧です

Q,新築だけど外壁から雨漏りしてる

1年未満であれば、保証で修繕できるケースがほとんどです。
気になったらすぐに、建築会社へ連絡しましょう。

Q,業者がみんな違うことを言う!何を信じればいい?

何社か見積もりを取った際、雨漏りや外壁のヒビについての見解が全社ことなる場合は、もうすこし違う業者を探してみましょう。
地元の大工さんや板金屋さんだけでなく、ネットで評判のいい会社などもう少し広げて調べてみると、原因もみえてくることがあります。

まとめ:外壁修理は時間に余裕があればDIYも可能

ボロボロの家

いかがでしたか?
外壁修理、どうしようか迷ったら

  • 自分の家の外壁の状態を正しく知る
  • 小さなヒビならDIYも可能
  • 外壁の雨漏りの可能性があるなら、迷わず業者へ

この3つのポイントをおさえて、外壁をチェックしてみてくださいね。
あなたの家の外壁が、キレイになおることを願っています!

雨漏り / 雨どいの修理、防水工事などお気軽にどうぞ お見積・ご相談は無料!無料調査も当日OK! 放置しておくと大変なことになります。

メール相談は無料です。24時間以内にお返事いたします。詳しくはこちらからどうぞ。

雨漏りは早めの
修理がお得
です!

傷んだ家

雨漏りが続くごとに、屋根裏に水がたまったり、クロスが濡れてカビてきたり…。

雨漏りをそのままにしておくとドンドン悪化し、修理するときも更にお金がかかります。

家の価値の対価

家の資産価値も下がります。
一度雨漏りをしたら、早めに対策をしてくださいね!

メニュー

雨漏り対策の知識

よくある質問

当サイトについて